2010年11月23日

最後の出荷と研修畑の片付け

昨日、研修畑の野菜の最後の出荷をしました。
今期最後の出荷で2セット作りました。



どうでしょうか?

「ボリュームたっぷりダイコン味比べセット」

と名づけてもいいくらいダイコンが多いでしょう(汗)
(畑も片付けなので、あらかじめバランス悪いことと根菜類が多いことは友人に連絡済み)

20101123_01_野菜セット.jpg


ダイコンだけで5品種。

青首ダイコン、白首ダイコン、短いダイコン、外が赤いダイコン、中が赤いダイコン。
写真では見えないですが、下にはたっぷりカブやニンジンも。

品種の違いで生のサラダ向きや煮物向きなどあるので品種の違いを堪能してもらえたら面白いのかもしれません。
ちなみに来年の出荷のときは、こんなにダイコンばかり同じセットに入るバランスの悪いことにはなりませんので、ご安心ください(汗)



もう1つのセットです。
こっちも大体同じような種類ですね。

こちらは豊田市内に住んでいる友人なので直接宅配してきました。
近くに住んでいることもあって今年は春からちょくちょく買っていただけました。
ありがたいことです。

20101123_02_野菜セット.jpg





最終の出荷も終えたので、研修用として使っていた畑の後片付けを研修の合間に時間を見つけて少しずつしています。

ジャガイモやヤーコンは収穫し保管したり、結球しているハクサイなどを収穫したり。

ちなみにこの品種は食べきりサイズのミニハクサイで600gくらいになるらしい。
重さははかってないけどサイズからして大体それくらいだったような気がします。

今年は暑い時期に苗を植えたのでかろうじて生き残った精鋭です。
味を知るためにこれは美味しく自家消費する予定。

20101123_03_ハクサイ.jpg




畑に残っていた夏野菜もお片づけ。
ピーマン、ナス、モロヘイヤなどは株ごと引っこ抜き一箇所に集める。
なかなか根っこが張っているので抜くのも一苦労。
それそれ違いがあって面白かったので写真も載せておきます。


3つで一番根っこが弱かったピーマン。
他の株もだいたいこれくらいの根っこですんなり抜ける。

20101123_04_ピーマン根.jpg



ナスの根っこ。
ナスの品種によってずいぶん根っこの張りは違うけど、ピーマンよりも細かい根がびっしり地面に張っている感じ。
引き抜いた根っこの周りの土はふかふかになっていた。
水もやらず追肥もほとんどせず育てたので、自分で根っこを張って必死に水分や養分をかき集めていたんだろうな〜。

20101123_05_ナス根.jpg



最後のモロヘイヤ。
これはかなり根っこが長く、かつ細い根も張っていて、スコップを使ってやっと掘り起こさなきゃいけないくらい、しっかりと根が張っていた。
この根っこをみるとあれだけ暑くて干ばつだった今年の夏も水もやらずに平気な顔をして生育していたことが理解できますね。
モロヘイヤはホントに夏に強いと痛感しました。

根っこを見ると野菜の特徴がなんとなく見えてきそうで面白いですねぇ♪

20101123_06_モロヘイヤ根.jpg



あと、畑の一画に試しに育てていた緑肥のセスバニアも引っこ抜きました。
これは放っておきすぎて種ができてしまいました・・・

20101123_07_セスバニア.jpg

20101123_08_セスバニア.jpg


それも地面に種が結構こぼれたので、来年はこの一帯は雑草化したセスバニアに覆われてしまうかも・・・

ごめんなさい、師匠。



ちなみにこれがセスバニアの根っこです。
さっきの3つと違ってまっすぐ伸びる直根ですね。
だいたい30〜40cmくらいだったので思ったよりも伸びないことが判明。
セスバニアで硬い耕盤層を破壊するにはもっといい環境で育ててやらなきゃいけないのだろうか。

20101123_09_セスバニア.jpg



出荷と片付けの話のつもりが気が付いたら根っこ特集になってました(汗)

でも、面倒な片付けの作業も野菜としっかりと向き合うことで、いろんな発見があっていいもんですね。
日々の作業に追われるだけでなく、来年はもっとじっくりと観察する時間も取れるようにしないとな〜。



少ない面積だけど、作付けの仕方や畑の管理の仕方など自分ひとりで管理することによっていろいろ学ぶことがありました。
当然、少ないながらも野菜セットの出荷の経験もできたので、これも来年の本格スタートを切れる自信になりました。

研修畑を完全に任せてくれた師匠に本当に感謝しています。


そして最後に、約10ヶ月間いろんな野菜の栽培の経験を積ませてくれた研修畑に感謝です。
研修畑よありがとう!!



なんだかダラダラと長文になってしまいました(汗)
長文にお付き合いしてくれてありがとうございます。


posted by しまっち at 23:45| 富山 ☁| Comment(2) | しまだ自然農園 in 豊田支部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

しまだ自然農園 in豊田支部へ見学者

先週、研修で自分が管理している畑に「のんのんファーム」の二人が遊びに来てくれました。

のんのんファームは、2009年より愛知県岡崎市で無農薬・無化学肥料で野菜を作っている女性二人が管理している農園です。
少量多品目の野菜セットをメインに販売していこうと思っているので、僕がやりたいと思っている方法に近い形で営農されています。
就農したのも2009年と最近なので、朝市で一緒になってからいろいろとつながりがあります。


今月で研修が終わり僕が実家に帰ってしまうので、その前に研修で管理している畑を一度みてみたいと言う事で遊びにきてくれました。
僕も以前、のんのんファームの畑に見学に行かせてもらいました。




松本さんの畑と僕の管理している畑を一通りみてまわった後、いくつか野菜を収穫してお買い上げいただきました。
(ホントはお土産で持っていってもらつもりだったのですが・・・)

ダイコン、ニンジン、カブと自生していたパクチョイ(?)などを。
思っていたよりダイコンが立派に大きくなっていて自分でもびっくり。

20101108_01_見学者.jpg




あと、兼ねてからお願いしていた愛知の伝統ナスのタネ取り用のナスをもらいました。

タネを取るためにナスの実をずっと樹につけておくと、こんな風に黄色く、そしてデカクなります。
普通こんなナス見たことないですよね〜。

20101108_02_採種果.jpg


味も美味しく特徴のあるナスで、一般に市販されていないそうなので前々からお願いしていたわけです。
来年から、富山で育てて富山の地に馴染むようにタネ取りを続けていこうと思ってます。



しまだ自然農園では、なるべく多くの野菜の品目を自家採種していきたいという夢があります。
全部の品目で自家採種はかなりむずかしいことなのでそんなことはしませんが、自家採種したほうがいいものはなるべくやりたいと思います。


今はもうほとんどやられなくなった自家採種。
未来にタネという命をつなぐのも農家の大事な仕事のひとつのような気がするので、少しずつタネ取りしていきたいと思います。

ラベル:農業友人
posted by しまっち at 23:35| 富山 ☀| Comment(2) | しまだ自然農園 in 豊田支部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

とうとう残り一ヶ月

長いようで短かった愛知県での10ヶ月間の研修も残すところ一ヶ月を切りました。

去年の8ヶ月の長野での研修と、今年の10ヶ月の研修を終えて、来春から実家の富山県高岡市で「しまだ自然農園」が本格スタートします。
研修も含めて2年間もの準備期間があったのだから、できる限り最善に近い形でのスタートを切れるようにもうひとふん張りです。


現在の実家の畑は、ニンニクやタマネギ、エンドウ、ソラマメなど越冬野菜を植えたり準備したりとたまに帰省して作業を進めている感じ。
越冬野菜は、どちらの研修でも実際に経験していないので成功するかちょっとドキドキしています。



かなりの長期間ブログを休んでいたのでたくさんの人から「元気でやってるか?」「生きてるか?」とメールで安否(?)を確認されましたが、この信じられないくらい暑い今年の夏も無事になんとか乗り切りました。

で、つい先日の冬並みの寒さで風邪をひいてしまい、ぐずぐずと風邪を引きずってます(汗)
就農し独立したら風邪を引いても出荷があれば休めないことを考えると、もっと自己管理をしっかりしないといけないなと改めて思いました。



さて、話は変わり現在の研修用の畑の様子です。
秋野菜を栽培しつつ、夏野菜を少しずつ片付けに入っている感じです。

手前はキュウリやオクラ、カボチャなど夏野菜のあと地に草が生え放題だったのを刈ったところ。
その奥にナスとピーマンを微妙に残しつつ、残り半分は秋野菜が元気に生育しています。

20101101_畑様子1.jpg


ちなみに今年の3月のまっさらな状態。
最初は草もろくに生えずに、大丈夫だろうかと不安だったけどこんなにしっかりと草が繁茂してくれたので、いらぬ心配でしたね(汗)
管理の仕方で、みた時の印象がこんなにも変わってくるもんだと比べてみるとしみじみ思う。

20100329_01_圃場.jpg


研修用に管理していた面積は6a(600平方メートル)と小さかったんですが、それでも油断すると管理が遅れてしまうありさま。
来年は、その10倍近くの面積となるので果たしてどうなることやら(笑)


まっさらな畑にどういうレイアウトで、どんな野菜をどれだけ栽培するか。

管理の仕方でまったく見えてくる畑の顔(印象)が違う。
良くも悪くもすべて管理をする自分次第。


さてさて、来年は畑にどんな絵を描こうか。

畑に遊びに来てくれた人にも楽しんでもらえたらいいなと、今からどきどきワクワクです。


posted by しまっち at 23:55| 富山 ☔| Comment(2) | しまだ自然農園 in 豊田支部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

「ありがとう」と言われる仕事

7月にはいって少量ながら野菜セットの販売を開始しています。
当然、野菜はすべて「しまだ自然農園 in 豊田支部」こと、研修圃場で僕自身が栽培したものです。


これは、7月初旬に出した野菜セット。
夏野菜が始まるかどうかくらいの野菜のラインナップです。
きゅうり4種類、ズッキーニ、トマト2種類、ニンジン、サンチュ、モロヘイヤ、バジル。

20100806_01野菜セット.jpg



そんなこんなで、現在は週に2〜4件ほど野菜セットとして出荷している状況です。

ちなみに今は、きゅうりは収穫のピークを過ぎてほぼ終息し、ナス・ピーマンもこの暑さと乾燥で少し弱り気味。
トマト・オクラあたりは元気な感じ。



これは、野菜セットを作るために収穫した野菜たちです。
色とりどりでなかなか綺麗に写真が撮れました♪

20100806_02野菜セット.jpg




それぞれのアップ。

樹の上で完熟してから収穫している真っ赤なトマト。
完熟収穫するから旨みも甘みも詰まってます。
ちなみにスーパーのトマトはまだ青いうちに収穫して何日も置いてから店頭に並べるので、一般に完熟収穫より味が落ちると言われています。
これは、収穫してすぐにお客さんの元に届ける宅配の利点のひとつだと思います。

20100806_03野菜セット.jpg



苦味もなく生でも食べれる黄色の細長ピーマン。
サラダなどの彩りにいいですね。

20100806_04野菜セット.jpg



普通のピーマンやら、細長いピーマンやら、唐辛子やら。
畑で生でかじっても甘みがあってなかなかイケます。

20100806_05野菜セット.jpg



で、これが個人的にとってもオススメのナス2種類。
どちらも焼きナスにすると、果肉がとろっとろになって甘みがありジューシー。
これは、来年の富山で就農したときも必ず作ろうと思っている品種。

20100806_06野菜セット.jpg




またもや、タイトルの本題から離れてしまいましたが・・・

野菜セットの出荷を始めて改めて思ったのですが、僕の選んだ仕事は、タイトルにあるように「ありがとう」と言われる(言ってもらえる)仕事なんだと実感しています。


野菜セットが出荷できるくらいになり、以前から野菜セットができたら買いたいと言ってくれていた友人にメールをしました。
その友人からメールの返信があり、二つ返事で「野菜セット待ってました〜」と言われ、「野菜セットの到着が楽しみ」とも言われて、思わず嬉しくて涙がこみ上げてきそうになる。

そして、野菜が友人の元に到着して「ありがとう」と言われる。
「ありがとう」という言葉は、むしろ購入してもらったこちらの言葉なのに。


僕の野菜を待っていてくれて、そして食べて「美味しかった」「ありがとう」って言われることは、本当に嬉しくありがたいことです。
「生産者から消費者へ中間業者を挟まずにダイレクトに届ける」宅配という形態だからこそ直接反応が受け取れるのかもしれません。


人に必要とされ感謝されることがこんなにも嬉しいなんて。
お金も当然大事だけど、これは何事にも変えがたいこと。
人が喜んでくれるって、仕事をやるうえで最高のやりがいじゃないですか。



このやりがいのある仕事を一生の仕事に選べたことに感謝したいです。



人が喜んでくれるなら、例え35℃以上の炎天下でも頑張れる(はず)


posted by しまっち at 23:55| 富山 ☁| Comment(2) | しまだ自然農園 in 豊田支部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

「しまだ自然農園」として直売に初参加

前回に続いて今回も直売ネタです。
今回は、「しまだ自然農園」として初めて直売へ参加してきました。

前回は、師匠の松本自然農園のところに一緒に野菜を出したんですが、今回は一人で直売に参戦してきました

20100720_01_なごやか市.jpg



今回参加した直売は、豊田市の山間部にある旧足助町の商店街で、毎月第三日曜日に行われている「中馬なごやか市」です。
フリーマーケットや農産直売、お菓子(わた菓子、ポン菓子)などあり、思っていた以上に人が集まる市でした。

足助の商店街は古い町並みが保存されていて、とても味のあるいい雰囲気の町並みですね。
紅葉で有名な香嵐渓までは観光客がきてくれるけど、足助の商店街まで足を伸ばしてくれないというのが足助商店街の課題だそうです。


20100720_02_なごやか市.jpg


今回の参加のきっかけは、「今後、足助町で無農薬・無化学肥料などの安心安全な野菜を産直市のような形で出したい」と言う話が師匠の元に入り、とりあえず今回の「なごやか市」への出店して欲しいと師匠が打診を受けました。
師匠は抱えているお客さんの数に合わせて野菜を作付けをしているため余剰野菜があまりないので、野菜の売り先があまりない僕の方へ話が流れてきたわけです。



今回もまたもやキュウリをメインに、青じそ、赤じそ、バジルを携えて参戦してきました。
ナスやピーマン、トマトも少量あったのですが、自分の出している野菜セットの中に入れたいと考え今回は出さず。
実際にどれくらい足助の直売で無農薬・無化学肥料の野菜の需要があるか正直、不安だったので控え目にしたというのもあります。

20100720_03_なごやか市.jpg


キュウリは、家庭菜園で作っている人も自宅で採れている時期なのでどれくらい売れるか疑問だったのですが、案外かわったキュウリがウケたのか売れていきました。
あと、赤じそはまったく売れないと思いつつも持っていったのですが意外に売れてびっくりでした。
シソジュースにしたい人がごっそり買っていってくれたみたいです。
予想外でしたがありがたいことです。


売上としては、前回の朝市よりは多かったので、少しはステップアップしているようで良かったです。
売上はまた封筒に入れて部屋の壁に飾るのかと何人かの人に聞かれたんですが、どうしましょうか(汗)
これから全部飾ると部屋の壁が封筒でいっぱいになるのか・・・



で、僕の隣で一緒に出店したのは、愛知県岡崎市で無農薬・無化学肥料の野菜を作っている「のんのんファーム」のお2人でした。
(とっても可愛らしい雰囲気のHPやロゴマークなので、ぜひ一度リンク先をのぞいて見て下さい)


愛知県岡崎市で2009年より開園し、女性2人で約40a(4反)ほど管理しているそうです。
師匠の松本さんや僕もメインにしたいと考えている販売形態で、少量多品目の栽培で旬の野菜セットをネットで販売しています。
1番のこだわりは、「新鮮な野菜を新鮮なうちにお届けする。」とのことです。

20100720_04_なごやか市.jpg

のんのんファームさんからは、ナスやピーマン、キュウリ、ジャガイモ、ミニニンジン、赤タマネギ、キャベツ、モロヘイヤ、クウシンサイ、ツルムラサキなどなど、数多くの野菜を出していました。
出品している野菜の種類もいっぱいあり、忙しそうだったので僕も手伝ったりしていました。
(基本的に僕の方は出している野菜が少なく暇だったので・・・)

2人とは、販売している合間にいろいろと話ができてよかったです。
新規就農し去年から農園を開始していると言うこともあり、話もとても興味深くいい刺激になりました。

近いうちに一度農園に見学しに行ってみたいと思います。




今回の直売をしてみて思ったこと、改善すべきところがいくつかありました。

 ・「無農薬・無化学肥料」をアピールできる看板かのぼりを置く
   →外から見ても普通の農産物を扱っているのと違いがわからない。

 ・屋号「しまだ自然農園」という看板を置く
   →外から見てもわからないから。

 ・見慣れない野菜のレシピ提案用の紙を置く(配る)
   →やはり調理方法がわからないとお客さんは買ってくれない。

 ・自分の農園のチラシ(A4 or 名刺サイズ)も一緒に配る
   →自分のこだわりや想いを伝えたり、自分の農園の知名度をあげるため。


パッと見てわかるようにアピールしないといけないなと言うのが感想です。
次回の参戦の時には、できるだけ改善して対応したいと思います。




売れ残ったデカイきゅうりは炒め物にして食べました。

豚肉+キムチ+卵+キュウリ。
塩コショー、醤油、みりんで適当に味をつける。

20100720_05_キュウリの炒め物.jpg


前に作った卵なしと比べてうまかった〜。
採り遅れて大きくなったキュウリも炒め物にするととっても美味しくいただけます。


最近、夏の暑さのせいか体重が落ちてきているので意識的に肉やご飯をしっかり食べないといけないですね。

農業は、身体が資本ですから。

この暑さでバテないように頑張ります(汗)

posted by しまっち at 23:56| 富山 ☀| Comment(4) | しまだ自然農園 in 豊田支部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

しまだ自然農園in豊田支部 計画スタート

実は先月から師匠の松本さんと計画を進めていましたが、ブログに書くのが遅れていました(汗)


タイトルの通り、研修先の豊田市で松本さんから一部畑を借り、自分の管理する畑を始めることになりました。
もちろん研修の一環ですが、「全部自分の責任で」自由に作付けをできる畑
自分の管理する畑と言うことで「しまだ自然農園」の豊田支部という風に名づけました(笑)



これが今年の研修中に自由に使える畑です。
面積は、大体6アール(600平方メートル)。
長方形ではないんですが、だいたい横幅が14mで、長さが45mほど。
通路を含めて1.4m幅で約40mの畝(うね)が10本作れる計算です。

20100329_01_圃場.jpg



畑は、今年度から松本さんが新規に借りたところで数年間は何も作付されてなく地主さんが草が生えないようにとトラクターで起こして管理していた元水田だそうです。
何年も使われていなかったので、当然無農薬・無化学肥料になっています。


元は水田に使われていたところですが、数年間使われていなかったのでなかなか水はけは良さそう。
雨が降った後でも、翌々日にはこれくらい乾いています。
野菜を栽培するには、なかなか条件は良さそうです。
研修生なんかがこんな条件のいいところを使って良いのか、と少し申し訳ない思いがあります・・・(汗)

20100329_02_圃場.jpg





畑の準備から、作付け計画、作付け、栽培管理、収穫、出荷、集金、会計まで基本的に自分ひとりで行います。
規模は小さいですが、来年の富山で行う営農スタイルをシミュレーションするというわけです。



「旬のお任せ野菜セット」という形で、できた野菜は出荷をしようと思っています。
栽培から販売、お金の回収までしっかりと一通りを経験しておくことが、実際に就農していいスタートを切るには必要だと考えてです。


興味本位でもまったく構いませんので、一度購入して貴重な感想をお聞かせいただければと思います。
きっと、しまだが来年以降どんなことをしようとしているのかが少しは伝わると思います。



野菜の感想、アドバイス、要望なんでも受け付けますので、厳しいご意見も含めてぜひぜひご協力よろしくお願いします。
むしろ厳しいご意見、要望のほうがありがたいです。
みなさんからの声が、来年から正式スタートする「しまだ自然農園」の糧となります。


野菜の品目が揃えられるか難しいところではありますが、予定としては5月〜6月には出荷を開始し研修が終了する秋くらいまでは出荷を続けたいと考えています。
栽培や管理、畑の様子についても随時ブログで公開していきます。

出荷できる時期がきたらHPかブログでまたお知らせいたします。
事前のご予約、ご質問も随時受け付けておりますので気軽にお問い合わせください。



■現在考えている出荷の構想

 ●前提:
  無農薬・無化学肥料の新鮮野菜セットを宅配便にてお届けします。


 ●セットメニューと金額:
  ・しまっちの旬の野菜セットS(野菜6〜8品目)
     (1〜2人用)  1500円ほど
  ・しまっちの旬の野菜セットM(野菜8〜10品目)
     (2〜3人用) 2500円ほど
  ・しまっちの旬の野菜セットL(野菜8〜10品目)
     (3〜4人用) 3500円ほど

   ※ちなみに野菜セットの詳細と値段、送料についてはまだまだ
    検討が必要なのであくまで目安程度にお考えください。


 ●配達頻度:
  ・毎週
  ・隔週
  ・月一回
  ・単発 など

   ※お客様ごとに選択可能にしようと思います。


 ●入金方法
  ・前払い
  ・後払い
  ・商品代引き

   ※どの方法が生産者とお客様で都合がいいのかわからないので、
    もっと検討します。
    郵便振込み、銀行振り込み、クレジット・・・
    どれが安くて便利なんでしょうかねぇ。
 



何度かブログで書いたかもしれませんが、今年の松本自然農園での研修で僕が身につけたいと考えていることがいくつかあります。

 ・少量多品目栽培の作付け方法
 ・農業経営
 ・効率化した栽培方法

です。


松本さんの指示で農作業を行うことでかなり身に付くことはいっぱいあります。
しかし、自分用の畑をもって平行して実践していくことがもっと効果的に身に付くと思います。
何と言っても、学んだことを即実践できますからね。
それも、責任がすべて自分にあるので失敗も成功もすべて自分のせい。
身が引き締まる思いですね。


作付け方法、作業スケジュール(研修との両立??)、セットの金額設定、代金の回収方法、HPの改造などなど。
考えることは山ほどあります。

しかし、来年度開始の「しまだ自然農園」の貴重なシミュレーションだと思えば頑張れるはず。
何とか研修と自分用の畑の両立をしたいと思います。



●最後にお願い
コメント、メッセージ、メールでも何でも良いので「しまだ自然農園」や野菜セットなどに対して気軽にご意見、要望、アドバイスをください。
個人的なご意見も大歓迎です。
(ちなみに一部作付け計画中なのでまだまだ野菜の種類は変更できます。)



例えば、
  ・こんな野菜が欲しい
  ・好きな野菜、嫌いな野菜
  ・こんな野菜はないのか?
  ・セットに入れて欲しい野菜
  ・金額について
   (高い、安い、妥当、いくらまでなら出してもいい、などなど)
  ・代金の回収について
  ・注文方法について(電話、FAX、メール、HP、などなど)
  ・こんなことをやって欲しい
  ・野菜セットと一緒にこんな情報が欲しい
  ・野菜に何を求めるか?(安さ?味?鮮度?安全性?栄養価?)


それでは、よろしくお願いします。

ラベル:研修圃場
posted by しまっち at 13:00| 富山 ☔| Comment(4) | しまだ自然農園 in 豊田支部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。