2011年04月26日

師匠から受け継いだ秘伝のナス

先週末、愛知での研修でお世話になった師匠が畑に様子を見に来てくれました。

師匠の実家への帰省のついでに、僕の畑に立ち寄ってくれたわけです。
(実は、師匠の実家は僕の実家のすぐ近くなので)


で、その時にナスの苗をいただきました♪
師匠が多めに苗を育てていて、余ったのを帰省の際に愛知からわざわざ持ってきていただいたのです。

20110426_01_秘伝のナス.jpg



このナスは、市場では入手不可能なナスです。
愛知のある農家さんが昔からタネ採りをしていたナスで、タネも市販されていないもの。

その農家さんから師匠が数年前にタネをわけていただき、師匠が何回かタネを採っていたそうです。




写真の右側の方が今回苗をもらった「秘伝のナス」
左側も珍しい青ナスです。
どっちも普通のナスと比べるとでっかいサイズのナス。

20110426_02_秘伝のナス.jpg



去年、そのナスを食べたときに「必ずしまだ自然農園の看板野菜にしよう」と思ったほど美味しく感動しました。
(写真左側の青ナスも濃厚でかなり美味しいナスです)


焼きナスにすると最高で、甘みがありジューシーでとろける食感♪
大げさかもしれませんが、今まで食べていた焼きナスにはもう戻れません。

その後に普通の市販されていた米ナスで焼きナスにしましたが、味も薄く非常に物足りなく感じました。


今年はこのナスの苗から自分で自家採種して、富山の地でこれからずっとタネを採り続け栽培していこうと思います。


愛知の農家さんから師匠が受け継ぎ。
師匠から僕に受け継がれたナス。

市場に出回っていないので秘伝のナスとして、しまだ自然農園の看板野菜になるように大切に栽培していきます。

栽培に失敗しなければ今年の夏には野菜セットに入ると思いますので、乞うご期待ください♪


自分も今から美味しい焼きナスを食べられることを楽しみにしています。
って、自分が一番食べることを楽しみにしていたりして(笑)

posted by しまっち at 23:39| 富山 ☔| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。