2011年03月05日

せっかく溶けたと思ったのに・・・

タイトルの通り、もちろん雪のことです。


下の写真が4・5日前の裏の畑の写真です。
2月末の天気と気温で、最高125cmまで積もった雪もなんとか溶けきりそうな感じでした。

20110305_01_雪解け.jpg




そして、ようやく2ヶ月ぶりに、畑の土を見ることができたと思いきや・・・

2・3日前の天気でこんなことに(涙)
(大体、同じ構図で写真を撮りました。)

20110305_02_雪解け.jpg


積雪自体は、5cm程度なのですぐに消えるとは思うけど、精神的ダメージはデカすぎます(汗)

雪が解ければ急いで、排水溝を切り直して、畑から水を抜いて土を乾かしたい気持ちでいっぱいのところに、まさかの積雪。

しかも、どうやら週間天気予報によるとこれから7日間中で5日間が雪マーク・・・

今年は果たしていつに畑を耕せるのでしょうか。。。



ぼちぼち春に植える予定の野菜の苗も育て始めているのに、植える予定の畑の準備ができてないと苗が無駄になりかねない危険もあります。
富山県での農業の経験がまだないので、そこら辺のタイミングの兼ね合いが非常に難しいなと感じています。
去年研修した愛知や、一昨年の研修した長野とは雪が降るかどうかという点で全然違いますからね。

これも経験なので、少しくらい無駄になることを覚悟で苗を作っていこうと思います。




ちなみに、前の日記積雪87cmと書いてありましたが、その後ドンドン振り続け、ここ富山県の高岡市は125cmまで達しました。

30年ぶりの大雪で、生まれてこのかた経験したことのない雪の量。
北陸の電車が1日中すべて運休になったり、高速道路で通行止めになったりと雪に比較的なれている北陸の人間でもかなり混乱しました。


これが庭の雪かきした所の雪です。
ちなみに真ん中の棒は、180cmの支柱です。
(約1ヶ月前の写真)

20110305_03_雪解け.jpg

まあ、これが溶けてなくなるんだから不思議なもんです。



こんな大雪はもうきてほしくないのが正直なところ。
異常気象で毎年「観測史上初」とか言っている状況なのでどうなるかはわかりませんが。

天気にダイレクトに左右される農業という仕事ですが、普通に過ごしやすい天気が続いてくれないもんですかねぇ。

ラベル:
posted by しまっち at 17:14| 富山 ☀| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。