2010年07月28日

「自然農園あぐりーも」に見学に行く

今日は、前回の土磨自然農園の見学に引き続き研修見学の第二段として、愛知県の大府市で自然栽培をされている「自然農園あぐりーも」さんの畑に師匠と研修生で見学に行ってきました。


あぐりーもの森さんは、無農薬・無肥料・無堆肥の自然栽培で約1町(1ha)を管理し、イタリア野菜と愛知の伝統野菜を栽培し、主に飲食店向けに出荷されているそうです。

師匠の松本さんと同じ頃に愛知県で就農し、無農薬・無化学肥料での栽培という共通点もあり何かと交流があるそうです。



ちなみに見学をしながらいろんな野菜を食べさせてもらったのですが、その中のひとつがこの綺麗なフルーツトマト。
先端がツンと尖がっていて、ミニトマトよりも少し大きいフルーティーな中玉トマトです。

トマトは特に力を入れて栽培されている野菜の1つで、トマトだけで何品種も栽培されていました。

100728_01_トマト.jpg



いろんなお話を聞いた中で、飲食店向けの販売や栽培のポイントがとてもためになりました。

(栽培方法や規模も全然違うのですが・・・)
あぐりーもさんと師匠との大きな違いは、販売先だと思いました。

あぐりーもさんの販売先は、主に飲食店や食品卸のお店
うちの師匠は、主に個人の家庭(個人宅配)


当然、販売する対象が違うので作付けをする野菜や種類、作付量も変わってきます。

個人宅配にはその合った作付け方法や出荷方法、作付け量があり、飲食店向けならまたそれに合った方法がある。

家庭向けの野菜セットの中に変わった西洋野菜を入れても受け入れられないこともあるだろうし、飲食店向けに普通のスーパーで売っているような野菜のみを持っていっても買ってくれないだろう。

「誰に」対して「どのように販売」していくかによって、「アプローチ仕方(野菜の種類や量など)」を変える必要があるんだなと、改めて思いました。

自分の作りたい野菜だけ作っていてもきっと売り先に困ってしまいますよね・・・(汗)




余談ですが、就農する場所と今回見学した大府市のまわりの人口についてちょっと考えました。

大府市は、大都市名古屋のすぐ南に位置していながらまだまだ農業が盛んな地域。
大消費地に隣接していると言うこともあり、生産した野菜を新鮮なうちに出荷するにはとても立地条件のよいところだと思いました。

大消費地が近くにあるということは、僕の就農しようとしている富山県の高岡市とはエライ違いだ・・・(汗)



ちなみに名古屋の人口が約225万人。(東京を除くと市町村で第三位)
さらに近隣には30〜40万人の都市が4〜5つもある。

就農予定地の高岡市(富山県)は、約17.5万人
近場の消費地として富山市(富山県)は、約42万人
そして、こちらも消費地として考えているお隣の金沢市(石川県)は、約46万人

名古屋市と比べるまでもなく、全然規模が違いますね・・・
そう考えると少し不安になったりもします(汗)


基本的にはネット販売で宅配便での輸送をメインに考えているので、宅配便で大抵の地域は収穫した翌日にはお客さんの手元には届くので、そこまで消費地との距離はハンデではないはず。

しかし、そうは言っても大消費地が近くにあるとうことはとてもうらやましいことです。。。




最後になりましたが、この忙しい時期に見学を受け入れてくれたあぐりーもの森さんに感謝です。
貴重なこの時期に、本当に長い時間ありがとうございます。



ラベル:見学
posted by しまっち at 23:43| 富山 ☁| Comment(2) | 研修日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。