2009年12月30日

マメトラ(耕耘機)のメンテナンス(中編)

前回のマメトラ(ミニ耕耘機)の診断の結果、いくつか問題点がでてきたので元・車の整備士の友人と一緒に修理をしました。


■マフラー修理

まずは、マフラーの修理から。
このマフラーが壊れて取れてしまうと、車と同じでエンジンの音が軽減されないので爆音になります。
使えるけど、音がうるさくて使用に耐えないわけです。


下の写真の通りマフラーが壊れて取れてしまったので、本体から取り外してマフラーを溶接しました。


20091229_マフラー溶接1.jpg


やっぱりプロは違いますねぇ。
本体からさっとマフラーを外して、その友人の納屋で作業開始。

20091229_マフラー溶接2.jpg


ものの15分もしないうちにこの通りくっつきました。
自宅にこんな溶接する機械があることもびっくりですが、さっとやってしまうところもすごい。
といっても元プロにかかれば朝飯前なのかもしれないのだけれども。

20091229_マフラー溶接3.jpg


そして、この通り本体に装着完了。
さすがの一言。
自分ひとりだと絶対に農機具屋さんにお願いするしかなかったんだろうなぁ〜、とつくづく思いますね。

20091229_マフラー溶接4.jpg



■レバーの調整

続いて、クラッチレバーなどの各レバーが硬くなってしまっていたので、汚れをボロ布で拭いてやりグリスやオイルをつけました。

20091229_ワイヤーグリス1.jpg


分解して、スプレーグリスを吹き付けて何度も何度も握りなおして、ワイヤーの長さを調節するネジを緩めたりきつくしたり。

20091229_ワイヤーグリス2.jpg


なんとか問題なく動くようになりました。
各レバーの調整も完了。



■リコイルスターターの調整

で、お次はエンジン始動用の「リコイルスターター」が緩んでいる(?)ためエンジンのかかりが悪くなっていたので分解掃除&ネジの調整をしました。


そのリコイルスターターを外したところ。

20091229_コイル調整1.jpg


外した部品をまずはきれいに布で拭き、中のロープを巻きなおし、ネジなど調節しました。


20091229_コイル調整2.jpg

調節した後に取り付けて、エンジンの始動確認。
ロープの戻りも良くなり、エンジンも問題なくかかりやすくなりました。
こちらも整備完了。


■オイル交換

で、とりあえず本日できる整備の最後にオイル交換をしました。

潤滑油としてエンジンに満たされている「エンジンオイル」と、クラッチなどのギアの部分を満たす「ギアオイル」を交換しました。
これも車と一緒で、ある一定期間に一度交換すべきものみたいです。


まずは、本体下の部分より中に入っているエンジンオイルを抜きました。
写真を見たとおり、オイルが真っ黒・・・
本当にあり得ないくらい真っ黒ですねぇ〜(汗)

20091229_オイル交換1.jpg


ちなみに今回入れたのは車のエンジンオイルを流用しました。
新品は下の写真のように透き通った油の色です。
これがあんなに真っ黒になるんですね。

20091229_オイル交換3.jpg


その後に、今度は「ギアオイル」を本体から出しました。

本体の真下に口があるのでタイヤを外し、ギアオイルをすべて出しきり、新しいギアオイルを入れました。

20091229_オイル交換4.jpg


しばらく置いてからエンジンをかけて問題ないことを確認。
エンジンオイル&ギアオイルの交換完了。


これで、とりあえずのメンテナンスを完了しました。
あとの作業は、時間がかかるのと部品交換が必要なので年明けに実施予定です。


●メンテナンス残作業
 ・燃料タンクのゴムパッキン修理
   →交換? パテ埋め?
 ・中のベルトが緩んでいるので部品交換
 ・全体的に汚れているので高圧洗浄機で洗車


本当に本当に元整備士と言う心強い味方がいることが、ありがたいことです。
人とのつながりがとても重要だと改めて感じました。

一緒に作業をしたと言っても、僕は言われるままに横で少し手伝っていただけ(汗)
知識も技術もないので全然足手まといで友人一人でやったほうが早かったりして(汗)
足でまといにならないように少しでも自分でできるようにならねばと痛感しました。



マメトラのメンテナンスの残りは、年が明けて作業をしてから後編として続きます。






■■■追記(20110304)■■■

コメント欄にご質問があったので追記します。


●質問
>ミッションオイルを入れる場所を教えていただけますか?
>抜いたところから入れるには車体を逆さまにしなければと思い、給油口を捜しているのですが判りません。


●回答
ミッションオイル(ギアオイル)をいれたのは右のタイヤのすぐ裏のあたりの穴からです。
黄色のシールが書いてあるすぐ下あたり。

20091229_追記01.JPG


で、こんな感じでオイルをいれました。
金属製のでっかい注射器みたいなものにオイルを入れて押し出すような感じで注入しました。

ご参考になればいいですが。

20091229_追記02.JPG

posted by しまっち at 23:05| 富山 | Comment(3) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

マメトラ(耕耘機)のメンテナンス(前編)

久しぶりの天気のいい晴れ間を見計らって刈払機(草刈機)と、納屋の奥深くにしまってあったマメトラ(型番:マメトラSRV4)という小さな手押しの耕耘機(手で押す小さなトラクタみたいな機械)を引っ張り出してきて使えるかどうかの確認をしました。


20091228_マメトラ1.jpg


これはマメトラの型番。

20091228_マメトラ2.jpg


刈払機のほうは、地域の草刈の日に家族が使っていたみたいなのでなんとか動くということはわかっていましたが、マメトラのほうは果たして動くかどうか、という状況でした(汗)


うちは僕が小さい頃に祖父と祖母が農業を少しやっており、野菜を作っていたというくらいで、現在は(家庭菜園で使うもの以外の)基本的にすべてのものはすでに処分してあり農機具も何もない状況です。
で、残っている動力のついた農機具は今回引っ張り出してきたこの刈払機マメトラくらいなわけです。

そのマメトラも1年に1回ほど祖母がしている家庭菜園を少し耕す程度。
さらにここ2年ほどはまったく動かしてなかったシロモノで、本当に動くかどうかが心配でした。
機械なんて使わなければ使わないでどんどん劣化していくので。

家族も把握してないので実際に何年前の機械かわかりませんが、本体に「1987年科学技術庁長官賞受賞」というシールが貼ってあるということはこのマメトラ君はもしかして20年近く前の機械でしょうか??(汗)


当然ながら僕には農機具をメンテナンスする技術なんて持ち合わせておりません。
大学でも前の会社でも、農業研修中でも学んでなんていません。

そこで、近所に住んでいる専業で農業をしている友人に手伝ってもらい一緒に作業をすることにしました。
その友人は、元・車の整備士で板金塗装から修理まで何でもできる車のプロフェッショナル。
その人に言わせれば「農機具は一生モノ」で、適度にメンテナンスをして、故障をしても部品を交換してやれば一生使えると豪語するツワモノです。
そういう技術のもった友人がいるということは頼もしい限りです。


その強力すぎる助っ人と一緒にマメトラ君の現在の状態をみました。
診断の結果は以下の通り。



■問題点

 1)燃料タンクのゴムパッキン劣化によるガソリン漏れ
   →燃料残量を見るところに明らかにガソリンがにじんでいる(汗)

20091228_マメトラ3.jpg



 2)マフラーが壊れて取れている
   →父が以前どこかにぶつけたらしくほとんど取れかけている状態。

20091228_マメトラ4.jpg

20091228_マメトラ5.jpg



 3)クラッチレバーが硬くて動かしにくい
   →左右にあるクラッチレバーがかなり固く、動かすのに力が必要。
    しばらく使用してないので他のレバーも全部固くなっている。

20091228_マメトラ6.jpg



 4)中のベルトが緩んでいる
   →サイドのカバー外すとゴムのベルトがかなり劣化して緩んでいてクラッチの戻りが悪くなっていた。

20091228_マメトラ7.jpg


 5)エンジンをかけるためのコイルが緩んでいる
   →戻りが悪くて、なかなかエンジンがかからない・・・

 6)エンジンオイルの汚れ
 7)ギアオイルの汚れ
   →オイルをみると真っ黒で下手をすると購入後一度も交換していないのでは??(苦笑)

 8)全体的に汚れている
   →ホコリやら土やら油汚れがひどい。


数年間もメンテナンスなんてしていなかったので、やはりかなりいろいろとガタがきていました。
エンジンをかけた感じだとまったく使えないわけではないけど、これからも長く使っていくつもりなので、しっかりとメンテナンスすることにしました。
あと10年くらい使えれば30年選手になるのかな(笑)


メンテナンスの内容は中編へ続く。

posted by しまっち at 12:08| 富山 ☁| Comment(2) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

すっかり雪化粧

一面の雪景色。
とうとう冬本番ですね。


20091224_雪景色1.jpg



先週末から2〜3日間、雪が降って畑も街もすっかり雪景色。

20091224_雪景色2.jpg


全国的にも雪が降ったみたいですが、こちら(富山県高岡市)は大体50cmほど積雪があったみたい(汗)
お隣の石川県の金沢市は、最大でも15cmほど。

やっぱり富山のほうが雪深いみたいですね・・・


12月にこれだけの積雪は、H17年のドカ雪以来だから久しぶりではありますが、こんなに雪が降るとこの土地で就農しようとするものにとって憂鬱になってしまいます。
まぁ、積雪は重々承知の上でこの土地でトライするつもりではいるのですが。。。




実際に耕作をしようとしている畑は、今はこんな感じ。
すっかり雪に埋もれています。

20091224_畑雪景色1.jpg


20091224_畑雪景色2.jpg


これを見るとホントにこの土地で、露地オンリーで野菜が作れるのだろうか(汗)
と、少し不安がよぎるわけです。
(雪が積もった畑は足跡もなく神聖な感じがして景色としては非常にきれいで個人的には好きです。)




この下に祖母がやっている家庭菜園のネギが埋もれています(笑)
頭が少し見えるか見えないか・・・


20091224_畑雪景色3.jpg




実際に耕作を予定している畑の雪に埋もれている下には、土作り用のムギが植えてあります。
11/1に緑肥(りょくひ)として播いたムギ(えん麦、ライコムギ、小麦)がこれだけしか伸びていません。



全体はこんな感じ。(撮影09/12/02)

20091224_ムギ畑1.jpg



アップで写すとこんな感じ。(撮影09/12/02)

20091224_ムギ畑2.jpg


ちなみに緑肥とは、栽培している植物を、収穫せずそのまま田畑にすきこみ(植物と土を一緒にして耕すこと)、後から栽培する作物の肥料にすること、またはそのための植物のこと。

ムギは、収穫しないで青いまま刈り倒すわけです。


畑の排水性が悪すぎたのか、ムギを播くのが遅すぎて気温をかせげなかったのか・・・
この状態で果たして越冬できるのかどうか心配ですが、暖かく見守りたいと思います。


まぁ、なんでも失敗して次回に生かせばいいと思うので、ドンドンやって、ドンドン失敗していきたいと思います。

きっと「失敗」だと思わなければ、失敗ではないはず。(たぶん)
その経験が次回につながる糧になればいいわけです。(たぶん)


でも、明らかにおかしなことしてたら誰でもいいので気兼ねなくアドバイスください。
先輩方どうぞよろしくお願いします。


ラベル:
posted by しまっち at 01:01| 富山 ☁| Comment(4) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ネット(mixi)のつながり

昨日(12/15)は、お隣の石川県の津幡町と金沢市のmixi内での友人(マイミク)と会って来ました。

午前中は、僕に自然農法センターの研修をすすめてくれたマイミクの「carl」さんのお宅に行き、長野での研修の話しや営農計画の話、これからの話をしてきました。

carlさんは僕を農業の道に引き込んでくれた大切な友人です(笑)
とても感謝しています。
mixiで出会ってから、ことあるごとに何度も話をしにうかがっている頼れるアニキのような存在。
carlさんは、自給的な暮らしをするために自然農法を数年前から実践している農業の先輩です。

  ■ブログ
   http://blog.livedoor.jp/carl0814/



その後、金沢市の東山の「Café ごくらく屋」にてこちらもマイミクの「みっちゃん」とご飯を食べ、いろんな話をしてきました。
実は、みっちゃんとは会うのは今回が初めてで、ドキドキでした。
マイミクとしてはネット上でのやり取りは去年くらいからあったけど、実際に会った事がなかったわけです。

ちなみに今回「Café ごくらく屋」は、オーナー自らが無農薬で栽培した野菜の料理を出しているお店です。

20091216_01_ネットのつながり.jpg




「畑のカレー」を食してきました。野菜の味がしてとてもうまかったです。

20091216_02_ネットのつながり.jpg


  ■Café ごくらく屋
   http://www.gokurakuya.ggo.jp/
   http://web.mac.com/gokurakunouen/iWeb/Site/Blog/Blog.html



みっちゃんは、とてもアクティブな人で、いろんな活動に参加したり開催したりしているそうです。
環境のことや地域のことを考え、里山の保全活動や金沢の街中のゴミ拾い活動、アースデイに参加 etc

彼は、将来的には家族で経営している「銭がめ」という温泉旅館を自給自足したいと考えているそうです。
野菜や穀物、調味料、そしてエネルギーの自給など。
その自給自足を実現するべく畑を始めたり、着々と目標に向かって動いている姿に、とてもいい刺激を受けました。

僕も将来的には、食料の自給・エネルギーの自給など考えているので、これからもいろいろと協力して関わりあっていけたらと思いました。


  ■銭がめ(湯涌温泉の温泉旅館)
   http://www.zenigame.com/




農業関係の知り合いと出会うことは今までの人生でまったくなく、mixiやネットがあったからこそ農業の道に進んでいる自分がいて、心強い仲間ができたのだと思います。


mixiに限らずバーチャル(仮想)な空間で知り合った関係がリアル(現実)でのつながりになっていく。

同じような考えや方向性が合っているからこそ、初めて会ってもいろんな話ができ、刺激を受ける。

ネットの世界での出会いも、現実の世界での出会いと同じように大切にしていきたい。


こうやって、どんどんと同じような方向性の考えをもっている仲間と出会っていけるなら、ネットの世界での出会いやつながりもすばらしいものですよね。

もっともっと多くの人と出会って、刺激を受けて成長したいと思う。
僕にも成長の「のびしろ」はまだまだあるはず!?

ラベル:mixi 農業友人 お店
posted by しまっち at 23:51| 富山 ☔| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

就農計画の打合せ

月曜(12/7)に、富山県高岡農林振興センターにて「認定就農者」になるべく「就農計画」の打合せをしてきました。
(僕もちゃんと就農に向けてちゃんと活動をしているんですよ。汗)


そもそも、新規で農業を始める場合には、必ずしも「認定就農者」になる必要はありません。

では、なぜ「認定就農者」になろうとしているかというと、大きな理由として就農に関して国や県からの資金を利用できるからという点です。
(もちろん他にもいくつか利点はありますが。)


来年、愛知県にて農業研修を受ける際に、「就農研修資金」ということで月に最大15万円「無利子で融資」を受けることができます。
当然、融資ということなので返済する必要があります。

ただし、ある条件をクリアすれば月額8万円分を返還しなくて良くなるんですよ。
その条件は、「富山県内で就農する」ということのみ。

つまり、研修中に毎月8万円の融資を受けて、条件をクリアして、返済を相殺するようなイメージですね。(実際にはもっと複雑ですが)


まさに、農家さんのところで研修を受け、かつその後に富山県内で就農希望をしている僕にとってうってつけな制度なわけです。
愛知での農業研修中は、アパートを借りて生活をすることになり生活費が結構かかるので非常に助かります。
これで集中して農業研修に取り組むことができるわけです。


というわけで、この制度を利用しないわけはないと思い、今年の秋に「富山県農林水産公社」に連絡をとり、話を聞きに行きました。
その後、実際に制度を利用する際にやり取りをするということで「富山県高岡農林振興センター」を紹介されて、現在、就農計画を作成しているということです。



この2ヶ月中にすべきことは、

 1.県の農業関係者を納得するような「就農計画」を作成し「認定就農者」になり、
 2.「就農研修資金」を得るために、制度の申請をする。



この、農業関係者(県や市の農政担当者、農協の人など)が納得する就農計画というのがなかなかやっかいで・・・


そもそも僕は、有機農法で野菜栽培を
しようと考えています。

 ・有機栽培の技術指導をできる人が近くにいない。
 ・当然、農薬も化学肥料も使わないので、収量も安定しない。
 ・さらに、できた有機野菜を売る販路がない。



この状況で農業関係者が納得する計画が立てられるかというところです。
前例がないことに対して県や市や農協が、果たして納得してもらえるかどうか。

既存の農業のやり方(慣行農法でJA/市場に全量出荷)を前提としたデータしかないので、そのデータを元に有機農法でやる栽培の「就農計画」を組まなければいけない。
これがなかなかやっかいなわけです。


だって、前例がないことですから。


来週にもう一度打合せがあるのでそれまでデータとにらめっこして計画を練ることにします。

まずは、たたき台を作らないと話が前に進まないですからね。
時間のある今の間に充分に悩むことにします。

みんなが納得するスバラシイ就農計画を作ります。
・・・たぶん。


posted by しまっち at 00:45| 富山 ☁| Comment(4) | 就農準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

全身筋肉痛

先週の土曜(12/5)に、数ヶ月ぶりに石川県の金沢でバレーをしてきました。
会社員をしていた今年の春まで住んでいたところのチームで。
2つのチームに長野の研修から一時戻ってきたので挨拶を兼ねて参加してきたわけです。


案の定、翌日・翌々日は全身ガタガタで身体が動かない・・・
予想はしていたけど、その予想以上に痛い。
腕も、肩も、背中も、太腿も、ふくらはぎも・・・
着替えをするのが非常にしんどい。
完全になまっていた証拠です(汗)
へこみます。


いい訳ですが、これでも長野でもバレーを、少しはしていたんですよ。
ソフトバレーに参加したり、ママさんバレーの練習に混ぜてもらったり、9人制男子の練習に混ぜてもらっていたり。

でも、長野では高いネットで思いっきりジャンプして、スパイクを打ったりすることがなかったからでしょうか。


これだけ筋肉痛になったのは、練習の時間が長すぎたのかもしれません。
一つ目のチームで午後からみっちり3時間基礎練習。(14〜17時)
二つ目のチームで夕方から2時間ゲーム形式の練習。(19〜21時)
いきなり合計5時間
衰えた老体には厳しかったみたいですね(涙)


確実に衰えてまったくスパイクを打てもしないかと思いきや、案外打てたから調子にのって頑張り過ぎた結果が、この有様。
自業自得以外のなにものでもないですよね(反省)



しかし、やっぱりバレーは楽しい♪
と再認識しました。


数ヶ月離れていても普通に迎え入れてくれる仲間がいるからなおさら楽しいのかもしれません。
特に詳しくお互いの近況を話さなくても一緒にバレーをやるだけで、なんだか分かり合えるような感覚。



農業は身体が資本なので、ケガだけは絶対にしないように気をつけながら、これからもできる限りバレーを続けていこうと思います。

いや〜、しかしホントに楽しかった♪



筋肉痛が引いてきたので、早速久しくやっていなかった筋トレを開始しました。

バレーに耐えうる身体を・・・

じゃなかった、(本業の)農作業に耐えうる身体を作るために(笑)

posted by しまっち at 17:40| 富山 ☀| Comment(0) | バレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

【お知らせ】「フォトギャラリー」に「研修風景(5月)」を追加

HPのフォトギャラリーに「研修風景(5月)」を追加したので興味のある人は以下のリンクからご確認ください。


少しずつHPのほうもアップしていきますので、よろしくお願いします♪
HPへの感想や要望などありましたら、コメントでもなんでもいいのでよろしくお願いします。



 ○リンク(HP)
  http://shimada-farm.jimdo.com/


 「フォトギャラリー」からみれます。

posted by しまっち at 01:22| 富山 ☁| Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

「住所不定無職の男」

と言うわけで、タイトルのようにこの一週間は「住所不定無職の男」でした。


警察に不審者として職質されれば、言い訳もできず間違いなく犯罪者にされてしまいそうな肩書き。
危うい、危うい。
一生お世話になることがない肩書きだと思っていたのに・・・



先週、長野県波田町から住民票を転出し、今日やっと富山県高岡市に転入の手続きを完了してきたわけです。
これでやっと「住所あるけど無職の男」になりました(汗)


先月までは、住所もあり、いちおう「農業研修生」という肩書きがあったのですが、今はその自然農法センターでの研修も終わり、肩書きもなくなり・・・
まぁ、この2ヶ月を過ぎれば、また農業研修生に戻りますが。



住民票を移したのとあとは、国民年金の手続きと国民健康保険の手続きもしてきました。
国民年金は前年の所得に対して保険料が決まるので、「何だこりゃ??」って思わず叫んでしまう保険料が春に請求されました。
住民税も同じく(無収入の自分にとって)とんでもない金額が請求されました。



税金、保険料その他もろもろで100万近く飛んでいったでしょうか。
やはり仕事を辞めて(あるいは職を失って)その翌年に請求される今のシステムはおかしいと思う。

だって、そもそも収入ないと払えないじゃないですか。
払えないのに払えって、どうしたもんでしょう。



いまサラリーマンで、仕事を辞めて何かをしようとしている人は注意しておいてください。
当面の生活費以外で税金や保険料を払うための貯蓄くらい必要なので。



と、去年くらいからの不況で職を失った人たちのことをなぜかすごく身近に感じている今日この頃です。



よし、来年は今年の収入がゼロなので大手を振って払わなくいいから安心だ。
もちろん、早く生活費くらいは稼げるようにがんばりますのでみなさんご安心ください。

posted by しまっち at 23:55| 富山 ☁| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

長野から撤収

長野での農業研修も終わり、とうとう一昨日(11/30)長野から実家の富山に引き上げてきました。

8ヶ月の長野での農業研修を無事に終えて、いったん実家に帰省です。
翌年の2月からは豊田市での研修がスタートなので、その間は実家暮らしになります。

この期間、少しゆっくりできるかと思ったら、認定就農者になるべく営農計画を作成したり、2月からの住む家を探したり、研修のデータをまとめたり、写真を整理したり、知識の整理をしたり・・・
年末・年始もあることだし、もたもたしていたらあっという間に2月になってしまいそうですね(汗)
優先順位を決めて取り組まねば。



ガランとした研修寮の部屋。

20091202_01_撤収.jpg



そして大量の荷物。

20091202_02_撤収.jpg

研修寮に引っ越したときは、たったの3個の段ボールと2・3個のカバンだったのに8ヶ月経ってみれば、車に入りきらないくらいの荷物に(段ボール10箱ちょっと)。
我ながら、よくもまあこんなに増やしたもんだと(汗)。



ちなみに、寮への引越し直後の荷物。

20090325_研修日記0_02.JPG



数日前まで物で溢れていた部屋も、引越しのためすっかり片付いてガランとする。
引っ越すときはいつも思うのですが、つい何日か前まで生活をしていた部屋がガランとするのはなんだか寂しいものです。



部屋を片付け、

家庭菜園をしていた畑を片付け、

研修寮の私物を片付け、

毎日通った畑(C圃場)にも最後に挨拶し、

まかないのおばちゃんたちにも挨拶をして、

自然農法センターの職員さんに挨拶をして、

お世話になった農業の友人に挨拶をして、

バレーの仲間とも最後に一緒にバレーをして、お別れをする。




帰りの帰省の車の中で、農業以外もとても充実した長野での生活だったと改めて思いました。
住んでいたのは短い間だったけど、長野も故郷のひとつになりました。
車で3時間半で行けるので、おりをみてちょくちょく遊びに行きたいと思います♪



長野での生活が終わり、昨日から富山での生活が始まりました。
荷解きやら片づけで一日が終わりました。
気持ちを切り替えて、2月からの豊田市での研修に備えようと思います。
よし、頑張るぞ!!


とりあえず、「認定就農者」になるべく「営農計画」を作成しなきゃ・・・
期日までにちゃんと完成するのかな(汗)


posted by しまっち at 03:27| 長野 ☀| Comment(6) | 研修日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。